未分類

【小技】アプリランチャーをWindows標準機能のみで実現

投稿日:2020年3月9日 更新日:

執筆日:2020年3月8日

公開日:2020年3月9日


【小技】アプリランチャーをWindows標準機能のみで実現

任意のアプリケーションを起動できる「ランチャー」を導入します。

想定している読者は「PC中級者」となります。

検索ボックスからアプリ起動

検索ボックスに「tool」と入力すると、アプリの候補が出てきます。

画面の例だと「GIMP」や「SSH Tera Term」など4つのアプリを起動できます。

2分でできる導入方法

「プログラム」フォルダに「1」というフォルダを作成します。

「プログラム」フォルダの場所が分からない方は、下記のパスをエクスプローラーにコピー&ペーストすればアクセス可能です。

C:\Users\%USERNAME%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs

フォルダ「1」の中に、好きなアプリのショートカットを入れるだけで導入完了です。

ショートカットを入れる様子

※フォルダへのショートカットを登録する場合

下図のように、エクスプローラから指定のフォルダを開くようにしてください。

通常のフォルダへのショートカット(*.lnk)は、検索ボックスでタイプしても、候補に表示してくれません。

*.lnk形式のショートカットが候補に表示されない理由は、残念ながらよく分かっていません。

注意:フォルダのショートカットはこのように作成

【利点】外部フリーソフト未使用 会社PCに入れても怒られない

この方法の利点を整理します。

  • 外部のフリーソフトを使用しないので、会社などでも気軽に導入できる
  • タイプする手間はあるが、アプリの起動方法を忘れにくい
  • ゲーム中にランチャーが暴発しない
  • Windows8や7、それ以前のバージョンでも対応

フリーソフトのランチャーを入れるよりも、シンプルで快適です。

気になった方は、試してみて下さい。


おしまい。

-未分類

執筆者: