Discord

【荒らし対策】Discord標準機能によるユーザー認証

投稿日:2021年3月14日 更新日:

執筆日:2021年3月11日

公開日:2020年3月14日

最終更新日:2021年5月1日


Discordでの荒らし対策|アプリ標準機能によるユーザー認証

荒らし対策は「標準機能」で十分かもしれない

先日私はこのようなツイートを投稿しました。

このツイート内容について説明していきます。

標準機能の認証レベルについて

基礎知識

認証レベルは通常「中」に設定することが推奨されています。

見落とされがちと思う重要事項を、ここでリストアップしておきます。

  • 認証レベル「中」だとしても、メール認証は必要となる
  • 何らかのロールが割り当てられていると、この標準機能による認証は適用されない
  • 安易にロールを割り振ると、却って荒らしリスクが上がる

予備知識

認証レベル最高の「電話認証がされているアカウントのみ」に設定した場合

電話認証が必要となる代わりに、レベル高における「サーバーメンバーとなってから10分経過」という条件は免除されます。

2021年3月18日に、サブアカウントを用いてテストを実施し確認済み。

良くない事例

下図のように、参加したメンバーに対して無条件でロールを付与する事は好ましくないと考えます。

BOT「Auttaja」 ダッシュボード画面

ユーザー認証の設定例

  1. 新規メンバーが指定されたリアクションを返した時に、ロールを付与するBOTを使う
  2. 新規メンバーが自己紹介を投稿した時に、管理者が手動でロールを付与する
  3. ロールを使わず、Discord標準の認証レベルを用い、メール認証していないスパムアカウントの発言を封じる

本記事においては、上記「3」の有効性を説明しております。

仮にロール付与を活用して認証メンバーを分類する場合、新規メンバーに対して「特定の操作」を要求することが必須となるでしょう。

この認証機能のカスタマイズ性においては、BOT「Auttaja」が優れています。

botを使う場合ー「Auttaja」での設定例

  1. 「Verification」ステップを挿入し認証を行う
  2. 認証後にロールを付与する
auttaja
Auttaja Gatekeeper設定画面

この「Verification」では、reCAPCHAによる認証が行われます。

この認証では、サーバー内で特定のチャンネルを用意するといった必要がなく、とてもお手軽です。

bot「Auttaja」が新規参加メンバーに対してDMで認証URLを送ってくれます。

結論

ユーザー認証を行うことで、スパムアカウントによる荒らしを予防しましょう。

サーバー管理botなどを用いたユーザー認証の設定に難しさを感じる人は、一般メンバーに対してロールを自動的に付与しないようにしましょう。

Discordに標準搭載されている「認証レベル」を設定する方が安全です。

記事の信頼性

Discordサーバー管理経験は、20-30人規模のサーバーを7ヶ月ほど管理・運営。

一個人の経験談を元に記事を作成。


BOT「Auttaja」導入リンク

BOT「Auttaja」リンク


Discordカテゴリー記事一覧

-Discord

執筆者:

ブログ内検索

ホーム

pagetop