ファンクショナルサイコパス

【ファンクショナルサイコパス】嫌われることを楽しむ力

投稿日:

執筆日:2020年3月5日

公開日:2020年3月7日


【ファンクショナルサイコパス】嫌われることを楽しむ力

嫌われたり怒られたりすると「笑えてくる」

他者の感情によって、自分の心が不安定になることがあると思います。

例えば

  • 他者から嫌われる
  • 他者から怒られる

わたしがこれらを乗り越えられた経験を書きます。

他人の感情を「別世界の出来事」と思えるようになる

前々から「ファンクショナルサイコパス」についての記事を書いています。

共通して述べている手法はシンプルに一つだけです。

感情と行動を切り離す

慣れてくると、嫌われたり怒られたりしても、動じないようになれます。

実例:イオンモールの駐車場にて

わたしは、EV専用駐車場の手前で車を一時停止させていました。

その位置が他の車にとってやや邪魔だったらしく、他の車のドライバーから、ウィンドウ越しに怒られました。

その時の私の反応は下記

  • 相手の「怒りの感情」は
  • わたしに何の影響も与えることがない徒労である
  • 無駄なことをしている他人が、「犬が吠えている」ように見えて笑えてくる

このぐらい割り切る事ができました。

利益ある行動にフォーカスする

他者の言葉や感情を完全に切り捨て、行動のみに注視しましょう。

また、多くの場合、他者が自分にとって利益のある行動をすることは無いと思います。

  • 他者が自分に利益をもたらす行動をしたのなら、それに報いるようこちらも貢献する
  • そうでないなら、他者の言葉や感情は「雑音」なので、自分の心に入れない
  • そして、自分自身で「利益ある行動」を取る、このことだけを考える

キーワードは「あなたはどのような行動を取るのですか?」


-ファンクショナルサイコパス

執筆者: