プログラミング

【解決】Twitter関連の自作ソフト-OAuth認可に成功

投稿日:2020年6月19日 更新日:

執筆日:2020年6月18日

公開日:2020年6月19日


自作ソフト Twitter Python OAuth認可 OAuth2 PIN

OAuth

「OAuth」をGoogleで検索

OAuthでの認可に苦戦していました。

  • OAuth用のパッケージの使い方を英語ベースのドキュメントで調る
  • OAuthを導入したコードをGoogleで検索

何とかOAuth認可成功

検索で調べたコードを書き換えることで、何とかOAuthの認可に成功しました。

ただし、一つ一つの過程とかはあまり理解できていません。

Googleで調べる時に苦労した点をまとめます。

  • コード紹介記事が2年前など古く、最新のTwitter APIと仕様が合わない場合があった
  • OAuth認可で使うパッケージが、人によってバラバラ
  • コードが断片的に載っており、自分で使う場合変数の当てはめ方とかを考える必要があった

「最新記事であること」と「使用パッケージの明示」は、コードを紹介する上で必須になってくると思いました。

コピペしたコードを紐解く予定

OAuthでの認可は、最終的にはweb上で処理できるようにします。

ブラウザ処理にする上で、言語のほとんどをPHPに置き換えることになるでしょう。

現状コピペして動いたコードを一つ一つ紐解き、webページを遷移する形で作り込みたいですね。

これはお試しソフトの「第3ステップ」に該当します。

記事の信頼性

プログラミングは、自動ツイートソフトを作れる程度の能力はあります。

まだまだ駆け出しなので、初心者の苦労話として見て頂きたいです。


-プログラミング
-

執筆者: