ゲーム

【初心者向け】【麻雀の反省点】和了率を上げる方法

投稿日:2020年5月26日 更新日:

執筆日:2020年5月26日

公開日:2020年5月26日


初心者 麻雀 和了率 改善

hai

【悩み】和了(ホウラ)できない事多し

このごろは麻雀ゲーム「じゃんたま-雀魂-」を続けています。

和了(ホウラ)できない事が多いという悩みを持っていました。

今も少し苦しんでいます。

改善するためにプレイ内容を少し変えたので、その経験談をお伝えします。

和了率を上げる方法

和了率を上げるためには、ポンやチーをしても和了できる役を覚える必要があると思いました。

しばらくの間、鳴いても上がれる役を役牌白、發、中ぐらいしか知らずプレイしていました。

今思えば、これでは和了率が下がるのも当然ですね。

新しく覚えた役

初心者が、次のステップとして覚える役を挙げます。

  • 対々和(トイトイホー)
  • 断么九(タンヤオ)
  • 混一色(ホンイーソー)

個人的には、「対々和」を一番多様します。

三暗刻や七対子にも移行できるのが良いですね。

対子(トイツ)が4つ揃ったら積極的に狙っています。

肌感覚では、対々和を覚えることにより、和了の回数が10局に1、2回ぐらいは上がった気がしています。

記事の信頼性

麻雀の初心者が、自身の経験に基づいて知識やテクニックを書いています。

内容の確かさはプロの説明より劣ります。

内容を狭く浅くすることで、初心者に「最初の一歩」を端的にお伝えできると思っています。


-ゲーム

執筆者: