投資

【買ってみた】ソフトバンク崩壊の恐怖と(中略)金融危機【新書】

投稿日:

執筆日:2020年3月25日

公開日:2020年3月25日


【買ってみた】ソフトバンク崩壊の恐怖と(中略)金融危機【新書】

【オリーブの木代表】黒川敦彦さんの新書です

softbank
Amazonより抜粋

タイトル『ソフトバンク崩壊の恐怖と農中・ゆうちょに迫る金融危機』


政党「オリーブの木」の黒川あつひこさんが、本を発売しました。

日頃、Youtube上で経済の問題を指摘されている方です。

黒川さんのややコミカルなキャラクターが、ぼくは好きですね。

さて、本を途中まで読みましたので、感想を書いてみます。

金融業界の問題点が暴かれていた

リーマンショックの振り返りや、今後のソフトバンクと地銀の危うさが解説されていました。

経済問題とか株は、詳しくない人にとって「取っつきにくい」ものであると思います。

私自身も詳しくなく、他の人に説明するのも難しいと思います。

この本では、そういった難しそうな経済問題であったり、日ごろ素朴に感じる疑問などが、分かりやすく解説されていました。

下記に興味がある人には、オススメできると思います。

  • リーマンショックの時、何が起こっていたのか?
  • 「日本は大丈夫」なのか?
  • タイトルの「ソフトバンク」「ゆうちょ」はどうなるのか?

自分の中の変化

私は、株やFXに対して一線を置くことにしました。


本の中では、分かりやすい形で「黒幕」が暴かれていました。

最近のコロナショックでも浮き彫りになったのですが、ショックだったのは以下の事ですね。

【株価や為替は、中央銀行が操作している】

繰り返しになりますが、このことを知ってから、株やFXに対して「一線を置きたい」と思うようになりました。

心情としては、中央銀行の手のひらの上で踊らされているようで、悔しかったですね。

記事の信頼性

3年ほど、株やFXの経験あり。

でも、私は経済問題などに詳しくないです。

経済に詳しくない「普通の人」と同じ目線で、本の感想を書いております。


-投資

執筆者:

pagetop