プログラミング

【Twitter連携】Web活用で使用者を5人に増やしたい【HTML】

投稿日:2020年1月15日 更新日:

先日、Twitterの認証機能に関する記事を書きました。

続きを書きたいと思います。


構想は固まったが・・

機能をどのように実現するかに関して、おおよその構想は固まりました。

Twitchのストリーミング状態を監視し、配信が開始したらツイートでつぶやく、という機能になります。

Pythonでのプログラミング自体は、パーツごとには個別に作ったものがあります。なので、機能の中核部分は、さほど難しくは無さそうです。

課題 新しく身に付けるべき知識

では何が難しそうかというと、「HTMLでのユーザーインターフェース」になります。

具体的に何のことかというと

  • Twitterのアカウントで認証を取る
  • Twitterアカウントごとに、監視する対象となるTwitchチャンネルを設定してもらう(最大5チャンネル程度まで監視可能にする予定)

これらをブラウザで実現したいと思っています。

HTMLやPHPの知識が必要になると思われます。

  • HTMLで、監視対象となるTwitchチャンネルの設定画面を作らないといけない

今後の予定

まだ固まっていませんが、以下の活動が候補となります。

  • HTMLの見た目上の分かりやすさは後回しにして、中核の機能と最低限のインターフェースだけ作成しておく
  • HTMLの入力ボックスなど、デザインについて学ぶ

どちらを先にやっても良いかと思っています。


自分以外のユーザーにプログラムを使ってもらおうとしています。

ウェブ上で各種設定を行う、中核プログラムもサーバー上で動作させる仕組みを考えております。

今後、このような機能実現手段を取る事が増えそうです。その上で、ウェブサイト上で設定を変えられるよう、HTMLの知識を身に付けることが重要であり、自分が超えるべき壁であると思いました。

進展があれば、また続きを書きたいと思います。それでは。

-プログラミング

執筆者:

ブログ内検索

ホーム