ファンクショナルサイコパス

【Youtube】【Twitch】動画配信サービスのお作法

投稿日:2020年3月29日 更新日:

執筆日:2020年3月29日

公開日:2020年3月29日


【Youtube】【Twitch】動画配信サービスのお作法

Youtubeの方針変換

最近、Youtubeは炎上系チャンネルへの収益方針を変更しました。

炎上とか、他者への誹謗中傷で収益を上げようとする姿勢について、個人的な見解を書きたいと思います。

炎上商法と戦う

他人の揚げ足取りが横行することや、それが利益につながることは、怖いと思います。

私個人としても、先日とある配信者から、中傷とも取れる言いがかりを付けられました。

暴言、批判、誹謗中傷のようなネガティブコンテンツは、一定の集客力を持っています。

ただし、このようなコンテンツは動画配信サイト「Youtube」「Twitch」等の規約で禁止または非推奨とされています。

<個人的な考え>

  • 炎上系の配信が一定の集客力を持つことは、ある意味「仕方ない」
  • ただし運営サイドにとっては、炎上チャンネルに一定のリスク性を感じ始めている
  • 炎上コンテンツに対しては、報酬を何割か減らすことで健全化を図って欲しい

CONTENTS IS KING

炎上系チャンネルに対して、私が取っている行動を挙げます。

  • 動画が自分にどのような価値、「CONTENTS」を提供できるのか、精査する
  • 批判や誹謗中傷のみに留まっており、具体的行動につなげられない動画は「無価値」と見なす

言葉と行動を切り離すように努めています。

これは「ファンクショナルサイコパス」の考え方と全く同一です。

ファンクショナルサイコパスは、嫌なヤツを上手くかわす手段でもあるため、ある意味では「対人関係の最終兵器」と言えるかもしれないですね。

記事の信頼性

動画配信サイトは、YoutubeとTwitchを使用しています。

ただし動画投稿や配信をほとんど行っておらず、固定的な集客数はゼロに等しいです。

配信者という点ではほとんど価値を提供できないです。

「視聴者」の目線で、個人的な体験談や思いを書いています。


-ファンクショナルサイコパス

執筆者: