退職

現在無職のボクが仕事を辞めた理由―2社目

投稿日:2020年3月4日 更新日:

執筆日:2020年3月3日

公開日:2020年3月4日


現在無職のボクが仕事を辞めた理由―2社目

無能なリーダーと退屈な仕事

2社目は無能なリーダーと出会ってしまいました。

かなり苦痛でしたね。

  • 指示があいまい
  • ゴールがあいまい
  • 高圧的、偉そう

勉強のために就職してはみたが・・・

そもそも就職しようと思った理由は、プログラミングを学ぶためでした。

また、実際にプログラミングの仕事をさせてもらいました。

やってみた結果としては

  • リーダーから学んだことよりも、Googleから学んだことの方が多い
  • 何を期待されているか不明ではあるが、会社としては「期待」と違ったらしい
  • データベース系の単純作業へ配置変更された

データベース系への配置変更後

配置変更後のデータベース系の仕事は、待てども業務が下りてこない。

数日様子見しましたが、1日 というか数時間で終わる仕事が2件来たのみ。

成長にも繋がらないし、何をやるべきなのかゴールも見えてこない。

時間のムダ、という結論に至りました。

結論:就職はオワコン

全ての会社がダメとまでは言うつもりはありません。

ただ、上司とか職場に恵まれるかどうかは、ほとんど「運次第」だと思います。

また、2社通して感じたことは、会社は「個人の成長」を重視しません。

  • 職場や上司は運次第、もはや「ガチャ」である
  • 会社は「個人の成長」よりも「会社の利益」を追求する集団である
  • 給料という名の「目先のお金」はいつでも取れるが、「時間」は戻ってこない

特にIT系の仕事であれば、ネットを活用しつつ独学もできますし、フリーランスも可能。

就職だけがゴールではない事を知りました。


それでも、就職して学んだこともゼロではありません。

多少なりとも学べることがあるのなら、就職という選択もアリだと思います。

ただ、逆もまた然り。

学べることがないのなら、就職に意味なし、というのが私の結論ですね。

-退職

執筆者:

pagetop