退職

現在無職のボクが仕事を辞めた理由―1社目

投稿日:2020年3月1日 更新日:

執筆日:2020年2月29日

公開日:2020年3月1日


現在無職のボクが仕事を辞めた理由―1社目

未来は見えていない、それでも辞めた

私は、一つ目の会社の中で、かれこれ11年勤めていました。

顧客から来るクレームの対処で精神が削られる日々。

退職を意識しつつ、ハローワークで求人票を見渡しました。

そこで、月収13万程度の清掃業を見つけました。

給料は下がるが、今の仕事を続けるよりもマシだ。

わたしは、別の仕事を見つけるよりも前に、退職を決意しました。

辞めた理由

  • 処方される睡眠薬の量が、日々増えていた
  • 顧客からのクレームが続き、耐え続けていける自分をイメージできなかった
  • 人生の中で「仕事が占める割合」が30%ぐらいだと考えていた
  • 当時35歳で、転職するなら今しかない、というギリギリの年齢だった

自分の人生を、今の会社にスポイルされていると思いました。

spoil

━外字 (spoils /~z/; 過去・過分 spoiled /~d/, spoilt /sp´IPA-openoIPA-Ilt/; spoil・ing)

1 〈物事〉をだめにする, 台なしにする, 腐らせる.

引用元:研究社 – ルミナス英和・和英辞典  http://www.kenkyusha.co.jp/modules/08_luminous/index.php?content_id=1

退職手続き時の「チョイもめ」を解説

退職意思の伝え方

封筒とか書面を準備する、という手段もあります。

でも私は電話だけで済ませてしまいました。

当時は書面を準備する余裕もなく、実際のところ「電話で伝えるのが精いっぱい」でした。

結果的には、会社に「退職届」のフォーマットがあったため、そこに手続き上必要な情報を書くだけで事足りました。

業務の引継ぎ

引継ぎに関しては、要求されていたものを全て対応しました。

こちらも穏便に済んだ形となりました。

退職届の提出

「チョイもめ」はここで発生。

  • 会社指定の退職届フォーマットには、身元保証人の押印欄があった
  • 当時、家族に相談する意思が無かったため、ここを空欄で提出

上長からは「保証人の押印が無いと、会社の人事が受理できないので困る」と言われました。

私の回答は「受理できないなら、受理しなければいいんじゃないですか?」

こう言い放ち、最後まで身元保証人の押印を「空欄」にしたまま、押し切りました。

みなさんに考えてもらいたいこと

会社を辞め、無職で過ごしている経験から、みなさんに考えてもらいたいことを書きます。

  • 今の仕事を続けていて、スキルアップできますか?
  • 20代、30代の時間は貴重。会社の中で、大事な時間を無駄に過ごしていませんか?
  • ブラック企業で働いていると「死んだ方がマシ」と思う事もある。でも、死ぬぐらいなら、会社を辞めれば良くないですか?

会社を辞めない判断に至る場合もあると思います。

それでも、納得感を持って働いた方が良いですよ。


「退職」というカテゴリーを新規に作りました。

私の経験から語れる事は少なくないと考えています。

今後も発信していきます。

-退職

執筆者:

pagetop