プログラミング

自動ツイートソフト近況

投稿日:2020年7月6日 更新日:

執筆日:2020年7月6日

公開日:2020年7月6日


Twitter Python 自作ソフト Tweepy

OAuth

プロトタイプの運用中

OAuth認可機能やセキュリティ対策を実装していない、個人用のお試しソフトが完成しました。

サーバーではなく自分のパソコン上で運用しています。

ソフトの主要な動きは、特定のTwitterアカウントが投稿したツイートに「いいね」を付ける動作となります。

現段階の機能、性能

現段階の動きをリストアップします。

  • テキストファイル「Account list.txt」上に記載されたTwitterアカウント名に対して、ツイート読み込みなどの処理を行う。
  • ツイートの読み込み数はソフト起動時の引数で指定
  • いいねを付ける回数はAPI制限内にしないといけないが、今はユーザー側でケアしないといけない

これから付け足す機能

  • OAuth認可により、自分以外のユーザーも機能を使用可能とする
  • 各ユーザーが、いいねを付ける対象アカウントを、webページ上で設定できるようにする
  • Twitter API制限を超えないよう自動調整する

これ以外にも、コードの読みやすさやメンテナンス性の向上など、やりたいことはたくさんあります。

ユーザーには見えない部分になりますが、丁寧に作り込んでからリリースしたいですね。

記事の信頼性

プログラミングは、自動ツイートソフトを作れる程度の能力はあります。

まだまだ駆け出しなので、初心者の苦労話として見て頂きたいです。


-プログラミング
-

執筆者: