ファンクショナルサイコパス

【メディアと戦う】ファンクショナルサイコパスによる情報収集

投稿日:2020年4月7日 更新日:

執筆日:2020年4月7日

公開日:2020年4月7日


ファンクショナルサイコパスでメディアに騙されない情報収集

コロナウィルスにまつわる大衆扇動

psycopath
Created with GIMP
  • 3密を避けましょう
  • 布マスクを2枚支給します
  • 満員電車はマスクをしていれば安全です

胡散臭い話がいくつか混じっており、何を信じるべきか分からなくなってきます。

今回は情報を選別するのに有効な手段をご紹介します。

政府やメディアに騙されないために

彼らの戦術をあばいてみます。

  • 「やってる感」や、それっぽい「カタカナ言葉」を醸し出して、事実から目をそらさせる(政府)
  • 事実を部分的に隠し、誤った結論へ誘導する(メディア)

例えば「布マスク2枚」は、政府が「やってる感」を演出していると思われます。

意図的にこの「布マスク2枚」を無かったかのように無視してみると、政府が他の保障を行っていない結果だけが残ります。

「感情と行動の切り離し」は万能兵器

政府やメディアの発言に対し、以下のスタンスで構えることをおすすめします。

  • 発言ではなく「具体的行動」に注目する
  • 行動を評価する時、「結果」「事実」「数値」に注目する

ファンクショナルサイコパスとは少し異なるかもしれませんが、騙されないための有効な手段をもう一つご紹介します。

  • サンプル数=1の意見や結果に重きを置かない

その意見にどれだけ感情を動かされたとしても、サンプル数が少ないデータにはそれ相応の価値しかありません。

テレビのドキュメンタリー番組などは、感情を揺さぶって事実を歪曲し刷り込むことがあります。要注意です。

記事の信頼性

メンタリストDaiGoさんの動画で「ファンクショナルサイコパス」を知りました。

動画で得た知識を自分で実際に試してきました。

自身の行動とか経験に基づいて、効果があった行動を紹介できます。


-ファンクショナルサイコパス

執筆者: