プログラミング

【Python】少し立ち止まります【自動ツイート】

投稿日:

Pythonに関する記事の続きです。

今週はPythonのプログラム作成やサーバー運用を試していました。元々想定していた最終系にはなっていませんが、最低限やりたいことが出来たため、一度振り返ってみようと思います。


けーいー(nanka_iroiro)のアドバイス

これらを実際にやってみました。感想を述べます。

ツイート内容の外部テキスト化

ツイート内容のリストを追加、削除したい場合、テキストファイルに配置することで、運用がすごく楽になりました。

以下の場面で便利です。

  • ツイート内容を変えるたびに、サーバーへのアップロードや、プログラムのコンパイルをやり直す必要がない
  • テキストエディタによる編集だけで、ツイートの内容(プログラムの出力)を変えることができる

自動ツイートタスク機能をOS側へ配置

Pythonの実行環境は、ぼくの場合下記の3通りあります。

  1. 自分のデスクトップPC Windows10
  2. スマホ Android
  3. レンタルサーバー Unix系OS

それぞれでタスクスケジュール化の方法は異なります。ただ、スケジュール機能をOS側へ配置すると、例えば「定期実行する時だけスリープ解除する」などの応用が利かせられる場合があります。

今のところ、スマホとレンタルサーバーでの自動タスク化には成功していません。これは、今後の課題としたいですが、一旦は後回しにすることに決めました。

学んだことを振り返る

  • 設定ファイル、コンフィグファイルに相当するものは、別のテキストファイルへ配置すると、設定変更が容易になる
  • 定期実行するようなタスクスケジュールと、ツイートするなどの機能は、それぞれ個別に配置したほうが、運用方法を広げやすそう

2番目の項目は、あんまり普遍化して理解できてない気がします。ひとまず収穫は多かったと思うので、トライしてみて良かったです。

-プログラミング

執筆者: