EV

【EV】CO2排出量を比べてみた【環境に良い?】

投稿日:2019年12月29日 更新日:

EVとエンジン車の環境性能を比べてみたいと思います。


燃費/電費

  • ディーゼルエンジン車 17.0km/ℓ
  • EV車 13KWh/100km

比較しやすくするため、エンジン車の燃費を「100km走行に必要な量」に換算します。

ディーゼルエンジン車 5.88ℓ/100km

CO2排出量の比較

まずは発電やディーゼル車走行時に発生するCO2の量を調査します。

発電時のCO2

関西電力のウェブサイトを参照します。

0.334kg-CO/kWh

関西電力  https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2019/0730_2j.html

ディーゼルエンジン走行時のCO2

自交総連のウェブサイトを参照します。

2.62kg - CO2 / ℓ

自交総連  http://www.jikosoren.jp/seisaku/co2/co2-3.html

100km走行でのCO2排出量を比較

計算してみます。

EV

計算式

13[kWh/100km] × 0.334[kg/kWh]

計算結果

4.342kg-CO2 / 100km

ディーゼルエンジン車

計算式

5.88[ℓ/100km] × 2.62[kg/ℓ]

計算結果

15.405kg-CO2 / 100km

結論

ディーゼルエンジン車とEVのCO2排出量を比較しました。

100km走行におけるCO2排出量は・・・

  • EV : 4.342kg
  • ディーゼルエンジン車 : 15.405kg

という結果となりました。

走行時だけ比較すると、EVのCO2排出量はディーゼルエンジン車の3分の1以下となります。


今回は「100km走行」というシーンだけを取り上げました。

一方で「ライフサイクルアセスメント」という考え方もあります。つまり、製造から使用、廃棄という「クルマの一生」で考える環境性能ですね。

とはいえ、走行シーンだけを見るとEVはCO2排出量が少ないことが分かりました。EVを運転する際の「エコ感」みたいなのは、いくらか上がるんじゃないでしょうか。

-EV,

執筆者: